美しいオスマン様式のモスクで静かなひと時を過ごす東京ジャーミイ Tokyo Camii

東京 代々木上原駅にほど近い場所にある日本最大のモスク「東京ジャーミイ(Tokyo Camii)」。先月ウズベキスタンでたくさんのモスクを訪れて 日本にあるモスクも見てみたいと行って来ました。大きく茂った街路樹が並ぶ緩やかな坂に建つ アーチ状の窓が特徴的な東京ジャーミイ。建物横に2階へ直接いける階段がありますが 1階入り口は東京ジャーミイとかかれたこちらから。

1階はトルコ文化センターになっており 広い多目的ホールやギフトショップがありました。その先にある手洗い場横の階段をのぼって2階へ。階段を登りきると縞柄のアーチが並ぶ豪奢な礼拝場の入口があり 細かな装飾が施された尖塔が目を惹きます。礼拝場に入るときは東京ジャーミーのWebサイト見学についてのページに書かれている注意事項を守って入場します。特に服装については訪れる前に確認が必要です。

礼拝場の中に入ると 白い漆喰の壁に青い絨毯が敷き詰められた広い空間が広がっています。正面には礼拝を行う方向を示すミフラーブ(mihrab)。木造だった最初の礼拝堂が老朽化のため取り壊され その後建てられた現在の建物は2000年(平成12年)に完成したもの。建物の大部分にはトルコから送られた資材が用いられ 多くのトルコ人職人によって仕上げられたそうです。

振り返ると大きな照明と随所に描かれたカリグラフィ。特に青いタイルに白字で描かれたカリグラフィは全体のアクセントになっています。抽象的な模様に見える絵もカリグラフィで構成されたもので 神や預言者の言葉が隠されているそうです。

窓辺にはウズベキスタンでもよく見た書見台。

上を見あげれば大きなドーム。小さなドームが大きなドームを囲うように配置されており 1つ1つ美しい装飾が施されていることがよくわかります。調和のとれた細かな模様のステンドグラスもとても美しいです。

ウズベキスタンでは決められた礼拝の時間は女性が中に入ることはできず 女性専用の礼拝場が別の場所に設けられたりしていましたが こちらでは2階が女性専用の礼拝場となっていました。1日5回礼拝の時間があり 金曜礼拝にはこの空間がいっぱいになるほどの人が訪れるそうですが この日のお昼の礼拝には 数人の男性と女性が1人お祈りにこられていました。礼拝の時間は何度経験しても心落ち着く不思議な時間です。

せっかくなので今日はトルコ三昧!とまではいかないけれど 東京ジャーミイを訪れたあとトルコ料理を食べに 下北沢にあるトルコ料理店「Kebab Chef」へ。以前知り合ったトルコ人の友人は トルコ料理がどの料理よりもおいしいから家でトルコ料理を作り外食はほとんどしないと話していたのを思い出しました。この日食べたのは3種類のケバブが楽しめるミックスケバブセット。スープとサラダとパンがついてボリューム満点。

帰りにトルコのお菓子をもらってトルコの味を堪能しました。

東京ジャーミイ Tokyo Camii
 https://tokyocamii.org/
 東京都渋谷区大山町1-19
 1-19 Oyama-cho, Shibuya-ku, Tokyo
 TEL:03-5790-0760