特有の糸飾りが美しい淀江傘 Yodoe-gasa (Yodoe Umbrella)

yodoegasa
文政4年(1821年)に 倉吉から淀江に来た倉吉屋周蔵が 傘屋を開いたことが始まりといわれている「淀江傘」。市街地から少し離れた場所にある『和傘伝承館』へ 製造工程が見学できるということで行ってきました。

あまり広くはない部屋の中に 作りかけの傘がいくつも並んでいます。見学用の部屋というわけではなく こちらで普段 傘を作られているそうです。

yodoegasa_1
小骨(柄の根元部分)に施された 糸飾りがとても美しい「蛇の目傘」。本桔梗の糸飾りと呼ばれ 淀江傘独自の糸飾りだそうです。

また傘の模様が 梅型(女)・亀甲型(男)の2種類があり この地には昔から 両親が娘の末永い幸せを願い 蛇の目傘を持たせて嫁がせる習慣があったとか。
(ちなみに下の写真は 梅型。)

yodoegasa_2
こちらは作りかけの「番傘」。淀江で一番多く作られていた傘で 傘の縁に黒い和紙を張ったこの番傘は「裾黒番傘」と呼ばれ 家紋や屋号を入れたりもするそうです。

yodoegasa_3
和傘が完成するまでには 竹切りから始まり 70以上の工程があり その中に天日乾燥があります。砂浜に 開いた傘の柄を突き刺し いくつも並べて乾燥させます。写真で見せていただきましたが その光景はまた趣がありました。

こちらは 天日乾燥の際についた 砂を刷毛で落としているところ。

yodoegasa_4
『和傘伝承館』では 和傘作りの体験もできるそうなので 次回はぜひ体験してみたいです。また 購入(注文販売)もできるそうなので ご興味のある方はお問い合わせを。

和傘伝承館 Folklore Umbrella museum
 http://www.city.yonago.lg.jp/12868.htm
 鳥取県米子市淀江町淀江796
 796 Yodoe, Yodoe, Yonago, Tottori
 TEL:0859-56-6176