明治40年に建てられた白亜の木造西洋館 仁風閣 Jinpuukaku & Housenan

jinpuukaku
鳥取城跡に建つ洋風建築で 重要文化財にも指定されている『仁風閣』。
明治40年 当時宮廷建築の第一人者と云われた片山東熊工学博士が設計し 嘉仁皇太子(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として使用されたそうです。

到着してまず目に入るのが 時代を感じさせるこちらの門。

jinpuukaku_2
そして門からまっすぐ続く砂利道を進むと 緑に囲まれた中に白い建物があります。近づくにつれ感じる 木のもつ独特の雰囲気がたまりません。

jinpuukaku_3
建物の中に入ると 開け放した窓から入る風がとても気持ちよく 特にサンルームのようにガラス窓がついている 2階のベランダが最高でした。

『仁風閣』で有名なのが この螺旋階段。通常の螺旋階段とは違い支柱がありません。これはとてもすごい技術なのだとか。

jinpuukaku_4
そしてもう1つの階段と御座所。どこを見ても 趣があって素敵な空間でした。

jinpuukaku_5

jinpuukaku_6
芝生がひろがる広い後庭から見た所。とにかく緑と白のコントラストが素敵で こちらから見る『仁風閣』の方が好きです。

仁風閣のある久松公園は 桜の名所としても有名だそうなので ぜひ桜の季節に 仁風閣から満開の桜を眺めてみたいです。

jinpuukaku_8
最後に 受付の近くにこんなものもありました。LEGOで作られた『仁風閣』。

jinpuukaku_7

仁風閣・宝扇庵 Jinpuukaku & Housenan
 http://www.tbz.or.jp/jinpuukaku/
 鳥取県烏取市東町2-121
 2-121 Higashimachi, Tottori, Tottori
 TEL:0857-26-3595