赤煉瓦の街の中心にある広々としたバクタプル ダルバール広場 Bhaktapur Durbar Square

b_durbar_square
ネパール カトマンドゥ盆地で3番目に大きな町 バクタプルにある『ダルバール広場(Durbar Square)』。王宮広場という意味で カトマンズ、パタン、バクタプルの3都市にあります。
ここはパタンのダルバール広場に比べ とても広々としています。1934年の大地震で被害を受ける前は もっと多くの寺院があったのだとか。

白いライオンゲートから広場に入ると 広場の左手に手前から 国立美術館、旧王宮の入り口 ゴールデン・ゲート、55窓の宮殿 と並んでいます。旧王宮へは途中まで入る事ができますが 奥にあるタレジュ・チョークの中へはヒンドゥー教徒以外は入れません。

b_durbar_square_5
旧王宮内では「王の沐浴場」を見る事ができます。よく見ると コブラの体が回りをぐるっと囲っています。水の中から突き出た塔もコブラの頭。そして蛇口の装飾もコブラです。これは「ナーガ」と呼ばれ 蛇の姿をした水の神様なのだそう。

b_durbar_square_6

b_durbar_square_7
旧王宮の隣にあるのは「55窓の宮殿」。名前のとおり 入り口を含めると窓が55あります。そしてその窓の1つ1つには 細かな装飾が施されています。

b_durbar_square_8
55窓の宮殿の向かいには 寺院群があります。写真右側にある2層の「パシュパティー寺院(Pashupatinath Mandir)」は 1492年に建立され バクタプルの寺院の中では最古のものといわれているそうです。

b_durbar_square_1

b_durbar_square_4
その奥には 白い壁の「ファシデガ寺院(Fasidega Mandir)」と 様々な様式の寺院が建ち並んでいます。

観光客もそれほど多くなく とてものんびりした空気が流れていていました。疲れたら回廊に腰掛けて休憩しつつ ゆっくりまわることができたのも とてもよかったです。

b_durbar_square_2

b_durbar_square_3

バクタプル ダルバール広場 Bhaktapur Durbar Square
 ※外国人は入場料Rs1100が必要です。